物件売却は「誰」に頼むかで結果が変わる。

【物件売却は「誰」に頼むかで結果が変わる】という話。

大手の不動産屋に
頼めば高値で
売れると信じている人

こんにちはハーベスター地所の小澤辰雄です。

みなさんも収益物件の売却を考えたときに、
「大きくて有名な会社に依頼すれば間違いないだろう」
と考えている方もいるのではないでしょうか。


大きくて有名な会社は、
多くの顧客を抱えていることは間違いありません。


しかし、
「顧客が多いから物件が売れる」
というのはイコールではありません。

なぜなら実際に物件を紹介するのは営業マンであり、
その営業マンの受け答え次第では売れるはずの物件が
売れなくなってしまったりする
からです。

なぜこのような事が起こるのかと言うと、
人によって「ネガティブな思考」な人と
「ポジティブな思考」の人がいるためです。

あなたの周りにも、どんなに楽しい話題をふっても
あげ足をとるかのようにネガティブなポイントに
焦点をあてて話す人がいると思います。

このようなネガティブ思考な人は、
当然ながら不動産営業マンの中にもいるのです。

たとえば他の仲介業者から価格交渉などの相談が
あった時にポジティブ思考の営業マンの場合、
次のように答えます。

ポジティブ営業マンの場合
「交渉した価格で買うと決めているのであれば売主さんに聞いてみます。ちなみに想定している融資先はどこですか?」

このように話を進める前提で質問を返したりするのに
対し、ネガティブ思考の営業マンの場合は次のように
答えます。

ネガティブ営業マンの場合
「いや~無理ですね。価格交渉はできないと思いますよ。」「そんな交渉条件を売主さんには話せませんよ。無理です。」


こんな感じで、そんなの売主さんがOKするはずがない、
という前提で受け答えをしてしまうのです。


これは極端な例に聞こえますが、私が他の仲介業者に
物件の問い合わせをしたときにも実際によくあること
なのです。


価格交渉を受けるか受けないかは売主さんが
決める事であって、営業マンが決める事では
ありませんよね。


このようなネガティブな思考の営業マンには、
どんな話をしても後ろ向きな回答が返ってきます。


そうなればもちろん「この業者は話にならないな、
この物件は成約するのが難しいからやめよう」


この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は image-16-1024x348.png です


などと相手に思われてしまい、どんどん紹介されなくなって
いってしまうのです。

もちろん、ポジティブ思考の営業マンに売却の依頼を
しているからといって、必ず売れるというものでは
ありませんが、少なくとも売却チャンスが増えるという
ことは想像に難くないでしょう。

つまり
「この物件が売れない理由」を考えるより
「どうやって売るか」と考えている営業マンに
お願いすると売却確率が高くなります。


投資物件の売却は「どうやって売るか」を
前提に考えている、ポジティブ思考の営業マンに
お願いするのがおススメです。

■→「ななこころnote」まずはこのページから読んでね